ブログ改造中!

2016年度振り返り。変化が多く成長できた1年!2017年は理想の働き方を実現するぞー

新年度がはじまりましたね。

2016年度はわたしにとって変化や刺激が多く、充実した1年でした。良かったところはさらに良くし、悪かったところは改善していくために、誠に勝手ながら2016年度を振り返りたいと思います。

保育園入園・職場復帰

4月の初日は保育園の入園式。それまで24時間べったりだった息子を保育園に預けるのは不思議な気持ちでした。もちろんさみしさはありましたが、どこかでホッとしている自分がいたのをよく覚えています。

職場への復帰は5月の第一営業日だったので、4月はまるまる自由。これを母のモラトリアムと称し、ふらっと出かけてみたり楽しい日々を過ごしました。これが最後だと言わんばかりに、遊びまくり、散財(笑)モラトリアムはこれが最後ではないことをこの時のわたしは知りません。

復職してからは9:00〜15:30の時短勤務。保育園の都合に合わせて時短勤務させてもらったことは感謝しかありません。しかし、お世辞にも仕事は楽しいとは思えませんでした。

それから数ヶ月、楽しくなるように自分で工夫したり、積極的に行動したりしましたが、やっぱり楽しくありません。「プロジェクトがつまらないのかな?」と思い、別プロジェクトをやらせてください!と上司にお願いして、わざわざ新しいことをやらせてもらったりもしました。でもやっぱり違う。あまりにつまらなくて辛いので、自分の本当にやりたいことはなんなのか、考えてみました。

その結果はこう。

  1. プロジェクトの規模は小さくてもいいから大きく関わりたい。
  2. サイトなどのデザインや見た目を考えたりすることをやってみたい。

当時大きな金融の内部システムを作る会社にいました。100%グループ会社向けだったので、やりたいことをやるのはほぼ不可能であると気づきました。やりたくないことをやっていても、いづれ伸び悩むだろうと、ここでやっと転職を決意します。

復帰後5ヶ月で退職・転職活動

そんな経緯で新卒で入った会社を退職。たくさんあった有給をすべて使ったので、この間に次にいく会社じっくり探そうと思っていました。しかし、5日で行き先決定(笑)またもや約2ヶ月間のモラトリアムが発生しました。

転職活動はWantedlyを使用。面接する前に話を聞きにいくことができるので、気軽にアクションを起こせます。おすすめです。

Webベンチャーに転職する

11月からはベンチャー企業のWebエンジニアとして働きました。

Webサイトの制作が仕事だったので、主にPhotoshopやWordpressを使った業務を遂行。すごく小さな企業で、1サイトをひとりで担当しました。自分で自由に判断して仕事をするのって、こんなに楽しいんだと知りました。すべて1からだったので、日々成長しているのが実感できてやりがいもたっぷり。

アパートを引っ越す

保育園の送り迎えを少しでも楽にしようと、引越しをしました。部屋が少し狭くなりましたが、掃除する箇所が減ってむしろ快適になりました。

魔の保育園1年目の冬

保育園といえば、1年中はなみずを垂らした子どもたちがシンボルみたいなところがありますが、うちの子も例外なく風邪をひきまくっていました。特に冬という季節がら、1ヶ月のうち半分しか保育園に行けない月もありました。入社したばかりで有給はないので、欠勤扱い。なんのために会社員として働いているのかわからない状況が続きました。

3月末付けで退職を決意

毎日朝早くから息子を保育園にあずけ、ドアtoドアで片道2hかけて満員電車で通勤して、6h働いて、時短勤務で切り上げて保育園のお迎えにギリギリですべりこんで、それでやっとお給料がもらえる。息子が熱で保育園おやすみしたら、仕事も休まざるおえない。毎日こんなに頑張っているのに、手取り20万円以下という事実。ひどい時には10万円くらい。

会社員でいるメリットってたくさんあると思います。でも、今のわたしには会社員でいる明確なメリットがありませんでした。もちろん今を耐えれば、その先は楽になっていくという考えもあります。だけど、わたしの中では「息子を保育園の開園時間から閉園時間までフルであずけてまで、ギリギリのスケジュールで余裕のない日々を過ごしてまで、がんばる必要なんてない。」という答えが出ました。

今年度は理想の働き方を実現したい

子どもを妊娠したときから、場所や時間にとらわれない働き方ができたらいいな〜。ってぼんやり考え続けてきました。

2017年度は、ぼんやり描いていた理想の働き方を実現する年にする!

あと、やらないことリストにあることはやらない暮らしがしたいのです!

はじめはうまくいかないと思うけど、来年の今頃にはなんとなく形になっているといいな。

以上でーす!またね!