ブログ改造中!

手取り15万円?!時短勤務制度の給料の計算方法は?産休前の半額になってしまう場合も

一般企業では、定時以降も残業として働ける社員が多数を占めています。残業するのが当たり前、なんてところも多いのではないでしょうか。わたしのいた会社もまさにそうで、残業ありきの組織でした。

そんな中、育児のため時短勤務をしていると「単純に働いた時間に対してお給料をもらう」ということを嫌でも考えさせられました。

時短勤務とは

法律で定められている短時間勤務制度のことで、その名の通り勤務時間を短縮することができます。「3歳に満たない子を育てていること」という条件を満たせば男女問わず適用されます。

企業によって「未就学児まで」「小学3年生」までなど独自に定めているところもあります。

時短勤務の給料の計算方法は?

多くの企業では時短した分、お給料から控除されます。

1日8時間働いて月給24万円の人がいたとします。

2時間時短すると、お給料は18万円になります。

そこから社会保険料や税金などが控除されるというイメージです。

要するに、働いていない時間の賃金はお支払いしませんよ。ということですね。

産休前にはバリバリ働いていて、残業もするし役職手当もついていた人が、育休明けに時短勤務を使うと、なんと手取り給与が半額になるという恐ろしいケースもあるみたいです。

ボーナスはどうやって計算されるの?

時短勤務制度を利用していた期間に対する賞与(ボーナス)も働いた時間に対しての金額でした。

1日8時間働いて冬のボーナス40万円の人がいたとします。

時短勤務制度を利用して6時間働いていた場合の冬のボーナスは、30万円となります。

そこからさらに社会保険料や税金が控除されるイメージです。

ボーナスの項目が細かく分かれている企業なんかだと、歩合の部分の計算は違ってくるのかもしれません。あくまでわたしのいた企業の計算方法です。

フルタイムと時短勤務の働き方(わたしの場合)

時短勤務をする理由は、子どもの保育園お迎え時間が決まっているからです。

つまり、必ず16:00には退社しないといけませんでした。

1日6時間しか働けないと決まっていると終わりの時間を意識します。だらだらと仕事をすることはなくなるし、より計画的に先を読んで業務を遂行するようになるのです。

現に、自分の出産前の働き方と比べると時間当たりの生産性は高くなりました。無駄に休憩をしたりしないし、スケジュール管理も徹底するようになりました。それまで終わらなかったら残業すればいいや・・・と思っていましたが、それもできなくなりました。

会社側からするとわたしは

「生産性が悪いし、残業代までしてコストがかかる社員」

から

「働ける時間は短いけど生産性のいい社員」となったわけです。

しかし前述のとおり、現在ほどんどの企業は働いた「時間」に対してお給料を支払います。

だから、残業した場合には残業代もでます。(裁量労働制の場合はこの限りではありません)

もちろん、保育園のお迎えがあるので残業はできません。

 給与明細でつきつけられる現実

わたしは新卒1年目のぺーぺーだった頃よりも、5年目の時短勤務をしていた頃のほうが勤務時間は短いけれどたくさんの仕事をこなしていたと思います。

しかし、給与明細を見ると1年目のときよりもかなり手取りが下がっています。

新人だった頃より今の自分には価値がないのかと思うと、とても残念な気持ちになりました。

いくら仕事が終わらなくても16:00には退社するので、帰宅後に子どもが寝てから残りの仕事をする。だけど残業としてカウントされないーなんてこともあると、なおさら悲しいです。

時短勤務のこれから

時短勤務自体はここ数年で広まって適用者も増えています。

これからは育児時短のみでなく、介護時短、病気の治療時短、さまざまなライフスタイルに合わせた勤務体系が増えてくるでしょう。少子高齢化が進む日本では、そのうちフルタイムで働く人のほうが少なくなる日も来るかもしれないですね。

時短勤務の人はどんなに頑張っても残業している人の給料を上回らない、なんてことをいつまでたってもやっている企業は人材がどんどん他へ流れていくでしょう。

正直なところ、その仕事にやりがいがないとやってられない

お給料が少なくてつらいと思うのは、お金を稼ぐために働いているからです。

働く目的がやりがいや楽しみだったたとしたら、こころが満たされるのでお給料が少なくてもがんばれる。がんばるというか、がんばらなくても楽しいはずなのです。

「仕事は楽しくないけど、お給料が良いから続けている」という人が出産して時短勤務をするようになると、モチベーションの持ちどころがなくなってしまいます。

その結果、わたしは転職しました(笑)

「もし育児をしていなくても今の会社を辞めたいと思うか?」という視点について IT企業の総合職として働いていた私が育休復帰後、半年で退職した理由

 

個人的には会社員+副業が最強だと思う

時短勤務をしているとどうしてもお給料は低くなってしまいますよね。

会社の給与制度が変わるのを待っていては日が暮れてしまいます・・・。

そこで、提案したいのが自分で稼ぐという選択肢です。

最近は大企業でも副業が解禁されできていますね。

でも、「副業と言ってもなにをしたらいいの?」という人がほとんどだと思います。

個人的にはブログやライターなどの稼ぎ方がおすすめです。

 

さいごに

時短勤務制度を利用した場合の給与計算方法と実際のところについてのお話でした。

個人的にはノー残業手当とか、成果主義の評価とかが普及してくると良いな〜と思っています。

以上でーす!またね!

共働き主婦の方へ:毎日の食事の準備にどれくらい時間をかけていますか?

意外と時間がかかる夕飯の支度。

献立を決めて、買い出しに行って、食材の下ごしらえをして、調理して。トータルで見ると1〜2時間はあっという間にすぎちゃいますよね。

わたしもこの間まで毎日の夕飯準備に悩んでいました。(特に献立考えるのがつらい・・・)

そんなときに救ってくれたのが食材宅配サービスの料理キットです。

料理キットは献立決め・買い出し・下ごしらえの手間を省いてくれる優れもの。

とにかく時短したいという人にイチオシな料理キットは【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】です。

20分で主菜と副菜が完成しちゃうんです。

体験談もあるのでよかったらどうぞ♪

クックパッドではもう限界?!献立のマンネリには料理キット