ブログ改造中!

子育て中の27歳ママがベンチャー企業に入って感じたメリットとデメリット

育休から復帰して少し経った頃、転職を経験しました。比較的大きめの企業からどベンチャーへの転職だったので、カルチャーショックがいくつかありました。良いところ悪いところいろいろあったので、お話します。

ベンチャー企業に転職して感じたメリット

まずは、わたしがベンチャー企業に入って良かったなーと思うところをお伝えします。

未経験OK!新しいことにチャレンジできた

大きい企業の場合、求人を出すとたくさんの応募があり人材を選ぶことができます。しかし、吹いたら飛ぶようなベンチャー企業の場合はそうはいきません。求人広告を出しても、そもそもの応募が少ないので「未経験だからNG」なんて言っていられないのが現状です。

わたしはWebデザイナーになりたかったので、今の会社に入りました。もちろん経験などありません。前職は業務システムのエンジニアでしたので…。こういうことができるようになりたいと説明したところ、雇ってもらえることになりました。ちなみにWantedlyというアプリで求人を探しました。このサービスは面接に進む前に話を聞きに行ったりできるのでおすすめです。

経営陣と話す機会が多い

狭い空間に社員全員がいるので、経営陣と距離が近く、話す機会も必然的に多くなります。距離は近いというか隣です。隣にCEO、向かいにCIOです。

日常的な会話もするし、お仕事の話もします。経営陣どうしが大事な話をしているのも聞こえてきます。大きな企業では経営陣と近くで仕事をするのは一部の限られた人ですが、ベンチャーではそもそもオフィスが狭いので必然的に一緒にいるようになります。すると、会社を代表するような社長でも、意外とフツーの人間なんだなーということがわかります。もちろん良い意味で、ですよ。

独自ルールを作ってくれた

初の育児中の女性社員だったのもあり、社内には時短勤務などのルールがありませんでした。なので、わたしの入社時に希望を伝えてそのまま叶えてもらうことができました。さらに、保育園からの急なお迎えがあったさいには、控除の対象としないなど独自ルールも作ってくれました。

これはたくさんの社員を抱える企業ではめったにないことです。なぜなら、ひとりに適用すると他の社員にも不公平にならないように気を使わなければならないから。規則を最初に作っておいて、それに合わせるのがほとんどなのではないでしょうか。

ここがイマイチ。ベンチャー企業のデメリット

次に、ベンチャー企業のここがイマイチだなと思うところ!

家になんでも持ち帰れるが故に…

大企業だとセキュリティががちがちに固められていて社外からのアクセスに制限がかかっています。まあ、当たり前ですが。家に持ち帰ってもできる仕事はごく一部に限られてしまいます。

一方、規模が小さいベンチャーでは一般向けのクラウドサービスを使っていたりするので、インターネットさえ繋がっていればどこからでも仕事ができてしまうのです。保育園のお迎えまでに終わらない仕事は家で片付けることもしばしば…。仕事とプライベートの境目がなくなるのはデメリットと言えるでしょう。子どもが寝てからパソコンを開いてお仕事再開なんて日も。体力的に辛いです。

福利厚生が皆無である

これはもともと期待していませんが、福利厚生と呼べるものはほとんどありません。前職が大企業だった場合、充実した福利厚生との差が大きいのでデメリットになりますね。

そもそも福利厚生とは、カフェテリアポイント、育児福祉補助、財形貯蓄、健康診断補助などのことです。これらは結局お金に変えられるサービスです。福利厚生の不足はその分給与が高ければ補えると思いますが…給与も低いですw

ボーナスもない

本当に小さいベンチャーだとボーナスもありません。ボーナスは会社の業績が良かったさいに社員に還元するものなので、余裕がなければ支払われないです。

子育てしながらベンチャーで働くってどうなの?

ベンチャー企業って一般的に”いけいけどんどん”なイメージが強いのではないかと思います。もちろん会社によりますが、比較的のんびりした大人ベンチャーも存在します。ニッチな業界のベンチャーとかですかね。

デメリットに挙げた家に仕事が持ち帰りやすいという点も、裏を返せば在宅で仕事がしやすいとも言えます。子どもが熱で家にいてもメールを返したり、簡単な書類を作成したりできるのです。大企業だとセキュリティや規則が厳しくなかなか難しいのではないでしょうか。実際、前職では在宅勤務用シンクライアント端末が支給されましたが、「いったいこれで何ができるっていうの?」というレベルに何もできない。社内のファイルサーバーへのアクセスが限定的だったり、使用できるツールも少しだけ・・・。そういった意味でベンチャー企業は、子育てしながら働きやすいとも言えそうです。

まとめ

わたしのベンチャー企業転職の経験でした。

メリットは柔軟性があるところ、デメリットは金銭面で恩恵が少ないというところですね。個人的な価値観としては、デメリットはもちろんありますがやりたいことができる環境ならばメリットの方が大きいとのではないかと。

これから転職を考えている方に少しでもお役に立てると幸いです。

以上でーす!またね!