ブログ改造中!

キャリアに悩んだらWill・Can・Mustで解決!会社を辞める決心がついたという話

あなたは、なにをやりたいですか。

あなたには、なにができますか。

あなたは、なにを求められていますか。

前職の研修でWill・Can・Must(うぃる・きゃん・ますと)の輪を知りました。わたしが会社を辞めようと決心したのも、この考え方に出会ったことが大きな要因となりました。

「仕事やキャリアのことで悩んでいる」

「今の会社で働きつづけて行くのは自分にとって正しいのか」

と思ってる人はぜひ読んでみてください。

Will・Can・Mustとは

仕事やキャリアの思考整理に便利なフレームワークで、それぞれの意味はこうです。

Will … やりたいこと

Can … できること

Must … しなければならないこと

3つの輪の重なり(図の黄色の部分)が大きい仕事ほど、モチベーション高くはたらくことができます。もう少し細かく見ていきましょう。

Willはやりたいこと

Willはあなたのやりたいことです。

これからこうなりたいから今はこれをやりたい。これをやっている時が楽しいからこれをやりたい。いま仕事で自分がなにをやりたいのかを考えてみてください。

例えば、

将来価値のある商品の開発者になりたいから、今は現場で販売員として接客の経験をしたい。

プログラミングしている時が集中できて楽しいから、もっとプログラミングを極めたい。

などでしょうか。

Canはできること

Canはあなたにできることです。

経験から学んでできるようになったこと、もともと才能がある部分。今のあなたには何ができますか?

例えば、

商品についての知識が豊富で、自社のどの商品でもお客様に紹介することができる。

Javaを使った開発が得意だ。

などでしょうか。

Mustは求められていること

Mustはあなたがしなければならないことです。言い換えると、求められていることです。

あなたが会社から求められていること。世の中から求められていること。あなたがやらなければならないことは何ですか?

例えば、

店長になってお店を担当できるようになること。

何人もの部下をマネジメントできるようになること。

などでしょうか。

3つの円がまったく重ならないとどうなってしまうのか?

とても極端な話ですが、こんな人がいるとします。

・iPS細胞の研究者になりたい。

・大学では経営学を専攻している。ちなみにシャイで人前に出ることは苦手でできれば避けたい。

・超イケメンで芸能プロダクションにスカウトされまくっている。

この人の円はこんな感じでしょうか。

iPS細胞の研究者になりたいのに科学の知識は全くない。あるのは大学で専攻している経営の知識。顔がイケメンで世の中からはモデルになることを求められているが、本人は人見知りでできれば写真を撮られたくないし、人前に出たくない。

この例は、極端すぎてありえない話だとは思います。しかし、3つの円が重ならないと不幸なことが起きるとイメージできますね。あ、個人的にはこの人の悩みは贅沢な悩みすぎると思います。それは一旦置いておきます。

前職で円の重なりが小さかった

研修を受けて、自分にも当てはめてみました。

わたしのWill…ものを作ることが好き。人をまとめるよりは自分で手を動かして何かを作ることをしていきたい。大きなサービスを大勢で担当するより、小さいサービスに大きく関わる方がいい。これからは小さいサイトのWebデザインやWeb開発をやっていきたい。

わたしのCan…Java、html、css、JavaScriptができる。デザインは未経験。リーダーではなくプレーヤータイプだと思う。

わたしのMust…近い将来、プロジェクトマネージャーとして案件を管理できるように育ってほしい。また、協力会社とのやりとりや管理もやってほしい。と期待されている。

円で表すとこんな感じでしょうか。

いったいなんでこの会社に入ったの?と言われてしまいそうです。入社したときと今では考えが大きく変わってしまいました。もともと仕事に対するモチベーションが保てず、悩んでいる時期だったのもあります。結果を見て「これはダメだ…」と。

いま我慢してしまおうと思えばできる。お給料も少ないけど一応もらえるし、ボーナスもたくさん出るし。だけどいづれ我慢できなくなって続けられなくなる時がきて、その時には市場価値のない人間になっているかもしれない。一生この仕事を続けるのは嫌だ。貴重な時間を使ってはたらくのに、やりたくないことはやっぱりやりたくない。

会社をやめたいとは思うもののなかなか踏ん切りがつかないわたしでしたが、これで転職の決心ができたのです。

まとめ

これからのキャリアで悩んでいる人は、1度このWill・Can・Mustのフレームワークで考えてみてはいかがでしょうか。結果として、円の重なりが大きければそのまま自信を持って進んでいけるし、重なりが小さければ考え直すのに良いチャンスとなりますよ。

ここまで書いていて、これはブログの運営にも当てはまるのではないかと感じました。「自分が発信していきたいこと」「自分に発信できること」「自分の発信が求められていること」これらの重なりが大きく大きくなるように、これからも発信していきたいと思います^^